当時、高校時代から行っていた音楽活動絶頂期であり、バイトもろくにせず、音楽活動一辺倒の生活をしていたので、もちろんお金に余裕はなく、しかし嵩んで行く出費。

そこで思い立ったのが消費者金融です。

一応はバイトもしていたし、借りた所で返済すれば良いんだしと安易な気持ちでいました。

当時付き合っていた彼と一緒に暮らす話が持ち上がった時、私は嬉しくてすっかり舞い上がってしまいました。

引越し費用は折半で、ということだったのですが、二人で暮らせるそれなりの大きさで二人の希望それぞれをかなえる物件にかかる初期費用は結構な額となってしまったのでした。

今更、お金がないから同棲はできない、とも言えず困った私は消費者金融でお金を借りることにしたのです。

20代前半から、お金を借りるようになってしまいました。

最初のきっかけは彼氏とのデート代。彼氏がお金がなく、親にかりるというのでそれは、嫌だったので自分で用意していました。

そのうち足りなくなり、たまたま買い物に行ったマルイでカードの勧誘がありました。とりあえず、作ってみたところ、審査が通り、カードが発行されました。

長年の夢であったバーの独立開業。自己資金で足りない分は親から借りることにした。

もちろんこの時点では毎月ちゃんと返済できる売り上げがあると確信していた。初めての開業で不安もあったが、それ以上に自信があった。

が、しかし現実はそんなに甘いものではなかった。来る日も来る日も客数は伸びず、ノーゲスの日が続き、余裕のあった貯金もあっという間に底をついてしまった。

前の話になりますが体験談です。

当時、20代そこそこで遊びたい盛りでありながら社会人でもあり、それなりのお金を手にしてしまったことから個人的にバブル時代みたいな生活を送り結局はバブルがはじけてって感じで今に至ります。

ギャンブルは、競馬、競艇、オートレース、パチンコと様々なものをしていました。始めは遊び感覚から段々とハマってしまう典型的な依存症。

お金を借りた理由としては、生活の資金、試験に臨む際の受講料、小さいものだとサマーセールの時に一緒に行っていた友人から借りた事もありました。

その時はとても気に入った最後の一着が「お金が足りず買えない!!頼む、5000円貸してはくれないか」というものでした。

気の良い友人は確かに似合っているし、閉店サマーセールの最後の一着という理由に納得してもらえ、貸していただけました。

私は3年間付き合っていた彼氏がいました。

二十歳になり同棲する事にしたのですが私も彼氏もあまり貯金はなく敷金礼金などで貯金はなくなりました。同棲したら2人で貯金して結婚資金を貯める予定でした。

同棲後彼氏はすぐに仕事を辞めてしまいました。私は事務の仕事をしており給料は15万ほどでした。彼氏は仕事を辞めた後パチンコばかり行くようになりました。

私はすぐにお金が必要になってしまった時に、アコムを利用しました。

他にもカードローンはたくさんあったのですが、アコムはかなり知名度も高く信頼ができましたし、さらに審査も早いという事で一番自分に向いていると思い申し込みをしました。

申し込みは自宅のパソコンから行い、店舗に行く必要はありませんでした。

私は一人暮らしをしているのですが、買い物をし過ぎてしまったり遊びに出かけたりし過ぎて毎月お金のやりくりはカツカツでした。

そんな時、新幹線に乗ってどうしても遠方まで行かなくてはならなくなり、交通費や滞在費などを工面する必要が突然生まれてしまいました。

突然の急な出費で困ってしまった私は、どこからお金を用意しようかなと悩んだ挙句、あまり人からはお金を借りたくなかったということもあって消費者金融を活用しました。

家庭内別居状態に嫌気がさして、家を飛び出し実家に1ヶ月ほど置いてもらったものの、年老いた両親に迷惑をかけられずアパートを借り一人で暮らすことにしました。

とりあえず生活を立て直そうと家電など生活に最低限必要なものを買うのに50万円ほど借りることにしました。

審査は思いのほかあっけなく通りました。しかしそれが落とし穴だったようです。